消費カロリーをダイエットによって増やし、無理やり身体に蓄えられた栄養素を消費しようとするのは、身体機能的にはダメなんですね。なぜ停滞期がやってきてしまうのか?その疑問にお応えしましょう。

 

たとえどんな種類のダイエットを行っていてもダイエットの停滞期は必至訪れます。ホメオスタシスが一定期間異常な状態が続くので働き、栄養素でも食事から得られるものの吸収率が高まり、かつ運動時の消費カロリーを抑えようとするわけです。

 

体重が減り、ダイエットをしていて最初の1,2か月は成果を喜んでいるのも束の間、体重が落ちにくい時期がやってきます。身体の代謝がせっかく上がって痩せやすい身体になったにも関わらず、その維持を怠ってしまうと、痩せにくいもとの身体に戻ってしまいます。

 

ダイエット停滞期にやってしまいがちなのが、他のダイエットに体重が減らないから切り替えたり、ダイエットをそのままやめてしまうことです。今まで通りの食事をしていても、そうするとまた太始めてしまうのです。

 

身体機能の正常な働きなため、停滞期は誰にでも不可避訪れます。人間の身体にある、ホメオスタシス機能が停滞期のヒミツは影響しています。

 

このことから体重が減りにくくなる=停滞期になるのです。たとえ体重が減らなくても今まで通り、そうした事態を避けるため、ダイエットを続けていきましょう。

 

リバウンドのこれも一つです。このことから無理に抜け出そうとする必要はありません。

 

途中でやめたり、別のダイエットに切り替えたりはそう考えるとナンセンスなことがお分かりいただけるでしょう。ホメオスタシス機能とは、外部から影響があったときに人間が生きるために必要な血糖値や体温を正常にたもつ役割のことです。

 

逆にダイエットが順調に進んでいる目安でも停滞期が来ることがあります。「停滞期」とそれを呼びます。